• ホーム
  • EDを打ち明けられた時の対応、治療を応援しよう

EDを打ち明けられた時の対応、治療を応援しよう

海を散歩しているカップル

パートナーからEDであると打ち明けられた場合、女性としてはさまざまな思いが巡ることになります。
例えば「自分への愛が無くなってしまったからそうなってしまったのではないか」、「別の女性を好きになったことを誤魔化しているのではないか」といったことはよく抱かれることなのですが、EDであると打ち明けられた時にこういったことを伝えるのは極めて良くないことです。
EDというと根性が無い、性欲が無いといったような誤解を受けることが多いのですが、実際にはそうしたことが原因になっているケースはほとんど無いのです。
大半のEDは肉体的な原因によって引き起こされていたり、精神的な原因によって引き起こされます。
そしてこのうち「精神的な原因」というのがくせ者で、例えば性行為におけるプレッシャーや私生活におけるストレスが原因でEDが引き起こされるということも多くなっているのです。
そうしたことがあるにもかかわらずEDであることを打ち明けられたパートナーが手厳しい言葉を男性に向けるということになると、それによってEDがさらに悪化して治りづらいものになってしまうことがあります。
本来であれば少し投薬治療をして体調を戻せば治っていたようなものがパートナーの女性の言葉で悪化してしまい完治が遠のくというのは一番避けなければならない事態でしょう。
実際のところ、最初に述べたような愛が無くなった、別の女性と肉体関係を持ったといったことが原因になっているケースもゼロではありませんが、全体数から見ればごくごく限られたものです。
ですからEDを打ち明けられた女性は相手や自分を責めるのではなく、まず寄り添って回復できるように治療を応援するように心がけてください。

関連記事